よくあるご質問

先日オールセラミッククラウンを作ってもらいセットしたのですが、色が他の歯よりも黒ずんでいるので再度作り直してもらう事になりました。
型取りの際に色合わせしてもらったはずなのに色が合わないなんてすごく残念です。次も合わなかったらと考えると憂鬱になってしまいました。

被せる歯の色に関しては色見本から選んで1番あった色を患者さんと相談して決定します。そしてその色を技工所に指示して製作してもらうのですが、どんなものが出来て来るのかは作った技工士さん次第ということになります。
できてくる歯の色は土台の歯の色や削った厚みによって左右されます。それらの条件によって、色の選択と透明度がどのくらいの材料を使うかが決まってきますので、歯科医が細かい指示を出すことが最も大事です。
さて質問に対しての回答ですが、保険の安い歯ではなく高額なセラミックを入れるのですから納得ができるまではっきりと希望を伝えなければだめです。接着する前に色を見て、気に入らなければ直してもらうように頼むべきです。


今、歯の治療中でセラミックをすすめられましたが、セラミックの種類はあるのでしょうか。あるとすればどんなものがいいのでしょうか。

よく使われるオールセラミックにはemax(イーマックス)とセレックがあります。
技工所で作られるものはemaxのほうが多いです。
セレックは歯科医院内に設置され、短時間で製作が売り物のようです。
短時間でできるということは歯の形に削り出された単一色の歯を入れるので、色にあまりこだわらない奥歯に主に使われます。
前歯の場合は単一色ではなく透明感やグラデーションを付けますが、その方法として色を塗る方法(ステイン法)と陶材を盛る方法(築盛法)があります。
築盛法のほうが自然な色を出せますが、手間がかかるため値段が高くなります。
色は白ければいいのであまりこだわらないといった場合は作り方はこだわらなくていいと思いますが、前歯で色にこだわる場合はどんな作り方なのか、詳しく聞いたほうがいいと思います。


 
 
 
03-3655-0301

お問い合わせ受付時間:10:00~19:00
定休日:木曜・日曜・祝日休診

所在

〒124-0024
東京都葛飾区新小岩1-44-3
新沢ビル2F